世界の果て、水平線の向こう

世界の果て、水平線の向こう

観劇の感想とかお写真とか

미스터마우스 17/03/23~26

f:id:cy_ber:20170404161354j:plain

ミスターマウス渡韓してきました\(^o^)/
そんちょる君主役ですーー!!やったーー!

f:id:cy_ber:20170404161814j:plain

しかももう1人の主役がミュージカル界の生きる伝説ホングァンホさん\(^o^)/
そんなすごい人と肩を並べる時が来るなんて………

不安しかない!!!!!!(爆)
絶対比べられるやつやん!みんなグァンホさんばっかり観たいやつやん!!
チケット余裕かもしれん←

なんてチケッティング前思ってました。そんちょる君ごめん。
実際余裕でした\(^o^)/

Wキャストだとほぼ毎日出演しているし金曜16時とかあるのでそこまでスケジュール気にしなくてもいいんで楽ですけど
キャストの違いを観たい時にグァンホさんのチケットがなかなか取れないっていう…
でもなんとかキャンセル席をGetできたので
23日(木)20時 グァンホさん
24日(金)16時 そんちょる君
25日(土)15時 そんちょる君
26日(日)16時 そんちょる君

f:id:cy_ber:20170404162003j:plain

f:id:cy_ber:20170404162035j:plain

というキャストで毎日ミスターマウスを観ることができました。幸せ。
日曜だけ16時回のみなので他の公演観ることができないのはちょっと残念かな~
ゆっくり行けて帰りも早いからいいけどさ

会場は東崇アートセンター東崇ホールです
席はこちら↓

f:id:cy_ber:20170404162415p:plain

グァンホさんは後ろしか取れんかったけどそんちょる君は全部最前列で上手下手真ん中と全部位置変えて観ました
結果下手か真ん中がいいんじゃないかと
でも最前列はスピーカーが目の前にあるので舞台が遮られて見えない部分もあります
でも近い

 

ダニエルキイスの『アルジャーノンに花束を』が原作ですが韓国ミュージカル版では根本の部分だけ採用して
他の設定は結構ガラリと変えてきてました
のでちゃんと行く前に原作読んで予習していったけど、まぁいらんかったかもしれん←

トーリーおおまかなやつ↓
32才の体に7才の知能を持っているイヌは中華料理屋で働いて暮らしている
「脳活動増進プロジェクト」という知能を手術で高める実験をしていたカン博士と出会う
頭が良くなれば離れ離れになってしまった母親と再会できると信じ手術に応じるイヌ
手術は見事に成功
イヌのIQは180以上にもなり、今まで知らなかった新しい世界を知り恋もする
しかし封じ込めていた子供の頃の記憶を思い出し母親がすでに死んでしまったことを知る
同時に自分を実験体、発明品としか考えていない博士と対立
そんな中自分より先に手術で頭が良くなっていたネズミのイヌが突如具合が悪くなる
このことから手術で一時的に頭が良くなるがまた徐々に知能は低下してしまい最悪の場合死んでしまうことになると分かる
知能が低下する前に父親に会いたいと父親が経営する理髪店に行ったイヌ
自分のことが分かるか聞くが見た目ではイヌとは分からない父
飾ってあった両親の写真を見て涙ながらに歌うイヌを見て初めて父親はは自分の息子だと気づく

温かい光の下でイヌが歌を歌っている
元の知能に戻ってしまったイヌ
チェヨン先生の腕に抱かれて頭についていた蝶のピンを先生の胸元につけ幸せそうに目を閉じる

 

もうね、号泣ですわ

とりあえず2人の違いとか感想とかをホテルで殴り書いてたけど解読できない部分ある←
覚えてるとこだけ書いときます

写真は公式サイトから拝借しました


舞台装置は階段とかわりと大掛かりなのもあったり
俳優さんたちでブロック動かして椅子やテーブルにしたり
変化があって見応えはあった 衣装はお金かかってなかったけど(^O^)

 

f:id:cy_ber:20170404163104j:plain

子供の知能を持ってるの演じてるときは仕草とかいちいち可愛いんだけど
グァンホさんはガニ股猫背気味に演じていてそんちょる君は口くちゃくちゃする感じかな?
ジャージャー麺屋さんでの動き方も2人では全然違うし

あ、ジャージャー麺屋さんの人たちがいい人たちだった

f:id:cy_ber:20170404163449j:plain

原作ではパン屋さんだったかな?主人公が知能低いのを馬鹿にしてるんだけど
ミュージカルは優しい人たちしかいなくてイヌ救われてるなぁ~と感じた

f:id:cy_ber:20170404163150j:plain

実験のリーダー的存在のカン博士はボムソクさんとジョンウォンさんなんだけど
とりあえず2人とも歌うますぎて迫力ありすぎてここって大劇場だったかな?って錯覚しちゃう
そういえばこの2人前に観たのノダムだわちょうど共演してたわグァンホさんもいたわ
そんな人たちをテハンノの劇場で観られるなんて贅沢だわ~
チケットがテハンノ価格より若干高い(定価77000ウォン)けど納得だわ~
ボムソクさんの眼鏡に白衣が紳士でかっこいいんだけど
ジョンウォンさんの白衣の腕まくりがマジワイルドすぎるからこれぜひ見て欲しいwwww
惚れる(*´∀`*)

 

ネズミと迷路対決するとこは急にネズミが大きくなってびっくりしたけど
トーリーにはあんまり深く関わってこないよね 人間vsネズミのくだり
一番前の席だと舞台の床に照明で迷路映されてるの全く見えないから
ちょっと下がるとGoodだと思う
けど表情とか涙見たかったら断然前方席オススメしておく!
そんちょる君の美しい涙!見て!

頭が良くなったらお母さんに会えるよって言われて
「おーーいぇーーー!\(^o^)/」ってイヌが喜ぶくだりあるんですけど
そのときにカン博士も「おーーいぇーーー\(^o^)/」ってやるのめっちゃかわゆい
ジョンウォンさんがたくさんおーいぇーーしてくれまする。必見。

頭の手術するときに手術台にスタンバるとこでそんちょる君の動きが3日間でちょこっとずつ違ってた
毎日観るといろんな発見できるな いいな 毎日観たい…
注射打たれるとき「インジェクト」って言って助手が注射打つ台詞真似して言うのが可愛くて好き

チョウチョの説明をネズミにしてるとこで急に頭よくなってかっこよくなるんだけど
ちょっと急すぎて私は混乱←
原作が何日もかけて徐々に頭良くなっていくけど舞台では喋ってる最中に頭良くなっていって
すくっと立ち上がって「나 가자!!」て言うの。死ぬほどかっこいいの。
そしてグァンホさんのときは客席から拍手が起こった!!びっくり!
そんちょる君も公演最後らへんで拍手しないかな~みんな…私がすればいいのか?(*゚▽゚*)

 

頭良くなって図書館のシーン
チェヨン先生に「本よりも楽しいものがあるのよ!サルサ!」と言われて「サルサとはラテンアメリカのダンスで…」
と説明始めるイヌちゃんおもろいけどそのあとの「サルサでもチュルチュルっていうダンスよ!」「え?チュルチュル知らない」の「チュルチュルもらよ」って言い方がーーー!めっちゃーーー!可愛い(*´ω`*)
ダンスタイム、グァンホさんオリジナルダンスとかコサックダンスとかやっちゃって面白かった
そんちょる君はそういうアドリブダンスはなかったけれど、骨盤ダンスでの骨盤の動きめっちゃエロかった!!!!
お尻くねくね最高だった(そんちょる君の尻ペン)
照れながらダンスする姿も可愛くてーーーー!みんなこの辺萌え死んでるはず

 

その後夕焼けに向かってチェヨン先生が「いぬしーーーー!」て叫ぶ場面で
そんちょるイヌは普通に「ねー」って言って
チェヨン先生に「ちぇみおぷそ」と言われても何で面白くないのか分かんないって素振りするんだけど
グァンホイヌはしまったー!自分もやまびこに言うみたいに返事するんだったー!って頭抱えるそぶりしてたの演技細かった
こういうちょっとした仕草で経験の差が出てしまうのかな?とも思ったけど

あ、そんちょるイヌとグァンホイヌではここのシーンで衣装がちょっと違う!
そんちょるイヌはシャツだけどグァンホイヌはその上にニット着てた
そんちょる君汗っかきだから着なかったのかな?
今回もめっっっちゃ汗かいてた(^O^)

 

チェヨン先生が明日の重要な検査が終わったらカンジャンケジャン食べに行きましょう!て誘うと
グァンホイヌ「カンジャンケジャンは僕の一番好きな食べ物です!」
そんちょるイヌ「カンジャンケジャンは僕のソウルフードです!」
ソウルフード

f:id:cy_ber:20170404163259j:plain

これが恋だと気づく場面で
♪무슨 말인가 무슨 뜻인가 했어
↑ここからの歌い方が本っっっっ当にかっこいい!私が一番好きな場面
이젠 알것 같아 그게 바로 사랑~~~
↑感動クライマックス(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)

ここ観るためだけに行ってもいいコリアまで

あと2人ともジャージャー麺すごい勢いで食べる。心配になるレベルww
それだけ食べたあと歌えるのかめっちゃ不安でした
結果大丈夫だったけど\(^o^)/

 

理髪店でお父さんと再会するとこはそんちょるイヌがぼろっぼろに泣くから
私まで涙が止まらない

f:id:cy_ber:20170404163350j:plain

そこから最後までずっと泣いていた気がする
終わってからもみんな泣いてたけど


本当の幸せは何なのか
頭がよくなること?
家族に会えること?
愛する人がそばにいること?
答えは観客1人1人で違うと思うけど
最後に涙を流しながら目を閉じたイヌの顔は幸せそうな顔だったなぁ

 

グァンホイヌとそんちょるイヌ
どちらも素晴らしかった
でもやっぱり私はそんちょる君のペンなので
次回また観たいのはそんちょる君なのです

f:id:cy_ber:20170404163628j:plain

そんちょる君は感情を歌にのせるのがとてもうまいです

雑誌のインタビューで2階席から公演を見たら演者の顔が全く見えなくて
遠くの観客に演技を届けるにはいかに歌が重要であるかということがよく分かった
歌をしっかり歌いたい
という受け答えをしていたのを読んで大切なことちゃんと分かってるんだな、と嬉しかったです
歌がうまくても感情が全くこもってない人もたくさんいるし感情をのせるというのはすごく難しいと思う
でもそれができなければミュージカル俳優としてはやっていけないわけだから
演劇もいいけどやっぱり歌が好き

そんちょる君には歌で心を動かせるそんな俳優さんになってほしいなぁ

グァンホさんの歌が凄すぎて真似しようとしたら声出なくなったっていうエピソード好きww
あの人は誰も真似できないから\(^o^)/別次元\(^o^)/
でもそんちょる君かなり歌うまくなったよ~
いい影響うけてる!

 

カテコ最後に捌けてくときに投げキッスをして去っていった!チャラいww
投げキッスして前見てないから柱にぶつかりそうになってた日もあった\(^o^)/

 

退勤、どんどん顔から生気がなくなっていくそんちょる君がめっちゃ心配だったけど
サインもくれて今日が最終日だよ、って伝えたら気をつけて帰ってね!って
言葉を一緒に書いてくれて感動で泣きそうでした

f:id:cy_ber:20170404164423j:plain

金曜はビョンテクぺうと一緒にエレベーターから出てきた\(^o^)/

衣装のスーツ!

 動画も少し

次はまっこんかな~すぐ来たいけどな…

毎日公演大変だけど頑張って!!!